40代からの肌のハリをケアする表情筋エクササイズとハリと潤いを与える方法

30代から「肌のハリのなさ」を気にし始める、というアンケート結果が以前、資生堂の調査で出ていました。

その後35歳になるころには、肌のハリが低下する「肌デフレ」現象が深刻化すると。

こういった調査結果を前から知っていれば、対策のしようもありましたが、もはや『アラフォー』に突入してしまってからでは遅いのではないか?と諦めてしまうかもしれません。

確かに、肌の衰えを止めることはできないかもしれませんが、抑えることは可能なはずなんです。

これまで、忙しい毎日を送ってきたあなたには、知らず知らずの間に肌にストレスを掛けてしまい、ダメージを与えてきたのかもしれません。

ですので、この記事を読み終えた頃には少しでも。これまで与えてきた肌ダメージをケアしてあげて「若返ったみたい」とか「痩せた??」なんて言われるような素敵「肌美人」になっていただけたらと思っています。

スポンサードリンク

40代から肌のハリを取り戻すには?

40代になってくると、ホルモンバランスが乱れやすくなってきますし、これまで気を付けていても気付かないうちに浴び続けてきた紫外線の影響や、肌機能の衰えも出始めるのです。

これが原因となり「肌のハリが無くなってきたかも?」と、今まで以上に気になるようになってくるんです。

肌のハリがなくなる原因には、様々あり

肌の栄養素の不足

40代から、肌のハリを支える栄養素であるコラーゲンが減少していきます。

これが原因となり、肌のハリが無くなってしまいますし、肌を支える力も弱まっていくので重力に耐え切れず皮膚が下がります。それがシワ・たるみになってしまうんです。

ですので、40代ではコラーゲンを多く含む食事を意識したり、ヒアルロン酸やアミノ酸など肌を構成している成分を補うようにする必要があります。

ビタミンC誘導体と呼ばれるものも、コラーゲン生成の助けになるので併せて補っておきたい成分です。

肌に直接つけるようなものでなくても、サプリメントなどで補うことも可能ですよね。

水分不足

肌に潤いを与える為に肌の保湿をしている方は多いでしょう。
それでも、肌表面からだけではなく内側からも水分をしっかりと補給しておくことが大切です。

ただ、水分補給といっても大量の水を一気に飲むのではなく、一日に何度かに分けて飲む方が吸収されやすく水分補給の効率はいいです。
基本的に「1日に2リットル」と耳にしますが、絶対的な量ではなくあくまでも目安としてください。

また、紫外線も肌の表面を乾燥させる要因になりますので、日焼けクリームや日傘など日除けの対策も忘れない様にしておきましょう。

便秘

腸に老廃物が溜まったままだと、小腸から栄養を吸収しているものが上手く吸収できないので、肌に必要となる栄養となるビタミンが行き渡らなくなります。

また、排出されないままの毒素が血液中にも溶けだし皮膚に悪影響を与えます。
その結果、肌にハリが無くなってしまい化粧のノリが悪くなったりするんです。

筋肉の老化

皮膚を支える筋肉である表情筋が加齢とともに弱くなり、重力に逆らえなくなるため、たるみやシワといった形で表れてきます。

これらを踏まえて、お手入れをしていけば、若々しい肌を保つことも難しくありませんので、40代だからと諦める前にできることからはじめていきましょう。

肌のハリには表情筋のケアも大切

ここ最近注目されているのが、「肌のハリには表情筋ケア」です。

日本人は、表情筋を20%しか使っていないのに、アメリカ人は60%使っているというデータがあります。

何となく、わかるデータではありませんか?

時にはオーバーと思えることでも、アメリカ人に限らず海外の人は表情が豊かだと感じますよね。
日本人は、いい意味で「おしとやか」、悪い意味で「無愛想」と思えるぐらいに表情が堅いと感じてしまいます。

表情筋は、肌に直接繋がっていますので表情筋の衰えは「肌の衰え」と密接な関係であるといえます。

その為には、表情豊かであるほうが肌にとってもいいですし、是非とも表情筋のエクササイズは取り入れて欲しいところです。

簡単な「表情筋のエクササイズ」は『あ・い・う・え・お』を口を大きく使って動かすというトレーニングです。

「あ」は、口を大きく開ける
「い」は、口を横に目一杯広げるようにして、頬も上に上げるように
「う」は、口を思いっきりとがらせるように
「え」は、口角(口の両側)を上に上げるようにすると下唇に力が入り二重あご対策に
「お」は、上唇と鼻の下を意識し、どちらかというと「のぉ~」という感じで

これを、一日に10セットするだけでも、顔の血の巡りが良くなります。

ほかにも、目の周りの表情筋のトレーニングには

・目をしっかりと閉じて5秒間維持
・今度は、目をびっくりしたような状態で5秒キープ

といったのもあります。
これは、疲れ目だなと思った時に10回3セットを目安にするといいですね。


スポンサードリンク

肌にハリと潤いを与える手軽な方法

ここまで、40代の肌のハリを取り戻すための、肌の衰えの原因から表情筋のエクササイズまで、書いてきましたが忙しい毎日でどれだけ実行に移せるかが問題となってきますよね。

それぞれが、それほど難しいことではないので慣れてくれば出来なくもない事ばかり。
けれども、習慣化するまでが大変だし、一度しなくなったらなかなか再開するのも大変だと思います。

「もっと手軽で簡単に肌にハリと潤いを与える方法はないかな?」

そうなってしまっても仕方ないでしょう。
決して、あなただけではなく多くの方が望むことですからね。

基本的に、人間は楽を考える生き物なので大丈夫です。

そこで紹介したいのが『エステナードリフティ』となります。

「結果にコミット」のCMでおなじみ、『RIZAP』が監修し進化した美顔器「エステナードリフティ」です。

エステナードソニックなどでも有名なので、ご存知かもしれません。

RF・EMS・IONの3つの機能が、週2回、1回約5分の表情筋エクササイズで肌のハリを呼び覚まし、スキンケアの限界を突破します。

3つの働きで表情筋へアプローチしてくれます。

RF

肌を温め、じんわりほぐす。

RFはラジオ波といい電波です。

RFを肌に照射することで、肌の奥で熱が発生します。発生した熱が加齢によるコラーゲンを引き締めたり、新しいコラーゲンの生成を助ける役目をします。
RFは肌の奥まで届きやすいので、ほうれい線やたるみを引き締めるのに有効なんです。

EMS

表情筋を刺激し、肌をキュッと引き締める。

EMSは、簡単に言うと電気で筋肉に刺激を与えて疑似的に運動したような効果を与える機能と思えばいいです。
有名なのは、「着けるだけで腹筋が鍛えられる」でおなじみのアレですね。

同様に、肌を支える筋肉に刺激を与え表情筋をエクササイズしているということになり、肌をキュッと引き締めるということに繋がります。

ION

美容液成分を的確に届ける。

私たちの肌の表面(角質層)と、内側にある顆粒層の間には電気の膜があります。

それぞれの層が異なる電極(+と-)になっているので、電気の膜が邪魔をして美容成分が角質層より奥に浸透することができないのです。

そこにIONの力で、反発しあう電極を中和させると反発が弱まり美容成分を肌の奥まで届けることができるという仕組みです。

これにより、肌にハリだけではなく潤いももたらしてくれるのがエステナードリフティなんです。

使用も毎日頻繁に長時間することなく、週2回、1回約5分の表情筋エクササイズで十分です。

潤いを与える美容成分は、専用のオールインワンジェルがありエステナードリフティとあわせて使用することで、より効果を期待できるようになります。

このオールインワンジェルは、『化粧水・美容液・乳液・クリーム・化粧下地・パック』と、1本で6役こなす優れものなんですね。

配合成分は、コラーゲンの元となる「アミノ酸」の結合体のペプチドをはじめ、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、和漢植物成分などこれまでのエステナードシリーズでも最多の美容成分を配合し、潤い溢れる肌へ導いてくれます。

30日間は全額返金保証期間なので、まずは試しに使用してみてはいかがでしょうか。

エステナードリフティ

⇒エステナードリフティの購入はコチラから

まとめ

40代からでも、肌のハリや潤いを与えるのは遅くはないのです。

肌のハリが無くなる原因を知り、普段の生活の中でまずはあなたができることからはじめていけば、やがて習慣となり鏡を見るのが楽しみになってくるようになるでしょう。

表情筋のエクササイズも、美顔器を使わなくてもできますけど、1日数分程度でハリと潤いを取り戻せるかもしれないと考えれば、試してみる価値は十分にありますよね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP