仮想通貨とは?種類はどれぐらいあるの?メリットは?

三菱東京UFJ銀行に、仮想通貨の導入を検討されていたり、カブドットコム証券では残業を減らした社員に独自の仮想通貨「OOIRI(オオイリ)」を付与するなど、仮想通貨について話題になっていますね。

では、そもそも『仮想通貨』というのは一体なんのことなのか?
「電子マネーとの違いは何だろう?」という部分を解説していこうと思います。

他にも、仮想通貨の種類やメリットも書いていますので参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、普段生活の中で使用している通貨(日本でいう円)と同じように日常で利用することができる、インターネット上のお金と思ってもらえばいいでしょう。

日本では、それほど広まっていないところではありますが、その便利さから世界中で仮想通貨の利用者が爆発的に増えているんですよ。

ここで、困惑してしまうのが「電子マネー」との違いですよね。

電子マネーは、オンラインゲームなどある特定の場所で使用できるものです。
『Suica』『Tポイント』『ウェブマネー』などがありますね。

この電子マネーを購入する際には、お金で購入します。
でも、購入した電子マネーをお金に換えることは基本的にできません。

そして、仮想通貨ですが、仮想通貨を購入するにはお金で購入するというのは同じなのですが、一度仮想通貨にした後でも、お金に換える事ができるというのが大きな違いです。

また、円だけではなくドルやユーロにも換えることができるので、海外での取引の際にも利用されますので、非常に便利な通貨なのですね。

それともう一つ「仮想通貨と電子マネーの違い」で困惑してしまうのが、「ビットキャッシュ」の存在。

実は私は、これで困惑しましたw
決して、ビットキャッシュが悪い訳ではないのですが、わからない言葉だとどうしても「共通」している部分から理解していこうと思ってしまうので、たまたまそうなったという話です。

実際、仮想通貨のビットコインと、電子マネーのビットキャッシュは関係ないようで、おそらくですが両社の「ビット」というのは、聞いたことがあるかもですが「32ビット」「64ビット」といったような言葉で、コンピューターのネットのお金という意味合いではないかと勝手に想像しています。

元々、仮想通貨のビットコインを例でいえば、胴元といいますか発行元というのは存在していないのです。

ここも理解に苦しむところなので、よく言われるのが「金」と同じという部分ですね。
金と言うのは、胴元はなくあえていうなら「地球」から採れるものですよね。

地球から採れる鉱物ですが、みんなから「価値がある」と考えられているので現在でも「1グラムいくら」といった値段がつけられています。

これと同じような考えをすれば、仮想通貨もなんとなくは納得できるのではないでしょうか?

ちなみに「採掘(マイニング)」も同じような考えから来ていると思いますよ。

仮想通貨とは?については以上となりますが、なんとなくでもご理解頂けていれば幸いです。

そうそう、仮想通貨って日本だと店舗で使うといったよりも「投資」という目的で購入されていますが、2017年春を目処に購入時の消費税を無くすことを検討しているようなので、その時期にもっと仮想通貨が利用できる場所が増えていれば、仮想通貨の利用者は増えるかもしれませんね。

仮想通貨の種類はどれぐらいあるの?

現在、世界中の仮想通貨の種類には「1000種類」以上あると言われています。

登場してスグになくなったものもありますし、ビットコインのように存在する仮想通貨の約9割を占めるほどの仮想通貨もあります。

今では、グーグルが後ろ盾ということで勢いを増してきている「リップル」も注目されています。

最近、リップルに押されている「ライトコイン」ですが、決済スピードの速さではビットコインを上回っています。

日本発の仮想通貨と言えば「2ちゃんねる」発の「モナーコイン」でしょうか。
どうしてもネタ的なイメージになりがちなのですが、市場価値も出てきています。

そして、急成長というのか「イーサリウム」ですよね。
こちらも、一気に50倍でしたっけね、価値があがり大儲けした人もいたという仮想通貨もありますね。

といったように、仮想通貨といっても1000種類以上ありますので、実際に購入する際には、取引をするのであれば取引先(ネットショップなど)が対応しているのかなどを検討した上で購入するといいですね。

また、投資目的の場合も「詐欺」的なものも含まれているようですので、事前に確認しておくとこも大事かと思いますよ。


スポンサードリンク

仮想通貨のメリットは?

仮想通貨のメリットは、「手数料の安さ」が挙げられるのではないでしょうか?

通常、クレジットカードの決済に関してもそうですし、海外送金の場合でも手数料がかかります。

また、銀行間の入出金でも手数料はかかり、場合によっては割高だったりしますし、商品の価格によりますが、手数料の方が高いといった現象も起きていますよね。

これが、仮想通貨の場合だと5円から10円程度になり、日本だけではなく世界共通で同じぐらいの手数料となります。

ですので、家族が海外にいて仕送りをする場合や、国内でも振込先が手数料の高くなる銀行間の入出金であっても、負担はかなり少なくなることでしょう。

また、送金時間も非常に早く、というよりも余計な手続きがないので無駄な時間がなく取引ができるというのもメリットですよね。

それが、あなたのもっているスマホで完結するとなれば、スマホがお財布となり今持っている「黄色の蛇皮財布」も必要なくなるかもしれません。

仮想通貨とはいえ、実際に使える通貨ですし、スマホがあればあっというまに決済が完了してしまうので、近所のスーパーなどで仮想通貨が導入されるような事になれば、小銭を探して後ろの人を待たせてしまったり、逆に空いているはずなのに並ばないといけないということもなくなるかもしれませんよね。

まとめ

仮想通貨とは、電子マネーとは違いお金で購入した後でもお金に換える事ができ、決済スピードも早く、手数料も少ないといったメリットだらけに感じでしまうかもしれません。

ですが、その匿名性を活かした犯罪の発生を懸念して規制を検討しているもの事実です。
安心な運用ができるという仮想通貨ですが、知らないままに利用することで損害が起きる可能性はゼロではありませんので、仮想通貨については更なる知識を深めよりよい利用をおすすめします。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

noimage
abematvはなぜ無料で視れるの?無料って違法じゃないよね?
abematvをpcで見れない時や重い、再生できない時の解決方法
noimage
noimage
格安simをスマホセットで購入した方がポケモンも安心してできそう
abematvが見れない時に試してほしい事
noimage
auの長期利用でメリットが広がる?かもしれない「au STAR」
abematvとはなんぞ?無料でアニメ専門チャンネルが開設されるみたい
3dのゲームにはプログラミングよりアイデアと情熱というソフト
au かんたん決済がapp storeに対応!itunesカードを買わなくても済む
vr酔いへの注意喚起がされています。psvrは関係ないけど
abematvがchromecastに対応でテレビで視聴可能に
vrが体験できるイベントが東京で開催中?VRの波がやってくる!

Menu

HOME

TOP