口臭対策はまず歯磨きからはじめてみるといいですよ

口臭は外見からはわかりませんが「第一印象の良い人」であても、「うっ…」となるほどの口臭だと、熱い思いも冷めてしまいますよね。

ただ、口臭など自分の臭いというのは気づきにくいものですので、普段からできる事を適当にしないようにしておくことが大切なんですね。

今からでも出来る口臭対策といえば「歯磨き」ですので、参考にされてみてくださいね。

スポンサードリンク

口臭対策はまず歯磨きからはじめましょう

口臭対策として一番に気にしてほしいのが「歯磨き」です。

これは、毎日の事なので当たり前にこなしている方も多いかと思います。
でも、その当たり前の事だけに「適当」になっていませんか?

歯磨きにかかる時間の目安としては「5分」と言われます。
これは、どの部分を何分といった考えだとこれまた続かない習慣となりますので、トータル時間として捉えてもらえればいいです。

また、歯磨きの仕方にも注意があって「細かく動かす」ことや「力を入れすぎない」といったことも大切な要因になります。

歯ブラシを細かく動かすことで歯の隙間にブラシが入りやすくなりますので、歯の隙間の歯垢などが取れやすくなります。

そして、「しっかりと歯を磨かないと」と思うと、つい力が入り過ぎてしまい、歯茎を傷めてしまう原因にもなりますので、歯ブラシを「握る」のではなく、軽く「持つ」といった感覚の方がいいですね。

歯ブラシを握った状態だと、歯ブラシを細かく動かしにくいので、歯ブラシの真ん中を持つようにすれば、細かく動かす動作も楽に出来るはず。

歯の裏側や、噛みあわせの部分はさすがに握らないと持ちにくいですが、軽く持つ感覚を忘れない様にしてくださいね。

ただ、噛みあわせの部分に関しては余程の力を出さない限り、歯が削れてしまうといった心配もないでしょう。

歯磨きが終わったら、歯ブラシを洗って「舌」もブラッシングしておきましょう。
これは「舌苔(ぜったい)」も口臭の原因となり得ますので、完全になくす必要はありませんが、舌全体を軽くこするようにブラッシングするといいですね。

ちなみに、この時に「おえっ」ってなってしまうなら、息を止めながらするとなりにくいので試してみてください。

最後にうがいですが、「20秒」を目安に1回のうがいで十分です。
私もそうなのですが、小さい頃から「しっかりとうがいをしなさい」と教えられて来たと思います。

けれど、最近では20秒程度のうがいを1回するだけ良いと言われています。
うがいを何度もすると、歯磨き粉に含まれている歯を守る成分まで流れ落ちてしまうのです。

そして、うがいをした後は、歯を守る成分を定着させる為に「30分」は、水も含めて飲み物を飲まない様にすることも覚えておいてくださいね。

歯間ブラシなども利用すると、より歯垢や食べかすの取り残しが少ないのでおすすめできます。

口臭対策に効果的な飲み物は?

口臭対策に効果的だといわれている飲み物の一つに「緑茶」があります。

緑茶に含まれる「カテキン」が消臭や殺菌の働きがあるとされていますので、昔から口臭対策に良いと言われていますので、聞いたことがあるかもしれません。

カテキンを多く含む緑茶以外の飲み物としては

・煎茶
・番茶
・ほうじ茶
・赤ワイン
・コーヒー
・ココア

といったものがあります。

ただ、こういったカテキンを多く含む飲み物の中には口臭対策に、効果的であったとしても「白い歯」を求める人にとっては問題となる「ステイン」も含まれていますので注意が必要です。

話はそれますが、「ホワイトニング」を気にしている方なら「カテキン」を含む飲み物で口臭対策よりも「黄色い歯はイヤ」と感じることでしょう。

ですが、間違ったホワイトニングは、歯の「エナメル質」を傷つけることになりますので、自己流だけは避けるようにしてくださいね。

歯の健康には、きちんとした専門家がいるのですから。


スポンサードリンク

口臭対策は歯医者さんにまかせるといい?

口臭対策に歯医者に行くことは間違いではありません。

ですが、「おまかせ」してしまうのはいかがなものかと。
歯磨きなど自分で出来る事をした上で、歯医者さんに確認と検診の為にという考えて行くようにしましょう。

歯磨きにしても、歯医者さんに行くとどれだけ「歯垢」が溜まっているかは見てもらえますから、きちんとした歯磨きの仕方を教わることで、歯垢や歯石の予防となりそれが口臭対策になるということですね。

そして、歯医者さんで口臭対策となるのは歯磨きだけではなく「歯周病」に関する事です。
歯周病とは歯槽膿漏も同じような意味合いですので、歯周病としています。

歯周病は、歯垢の中の細菌によって歯肉に炎症が起きてしまうことで、これも口臭の原因となり「生臭い臭い」が酷いので、話をするのも辛くなるほどです。

こうなると、いくら人の良い人でもちょっと引いてしまいますよね。

それだけではなく、歯周病を放置していると自分の歯ではなくなる可能性などもありますので、軽く見ない方がいいですよ。

そうならない為にも、定期的に歯医者さんに行くことが大切なんです。
歯石もとってももらえるし、喫煙者であればヤニもとってくれます。

歯医者さんのニオイや音が苦手と言う人も多く居ますが、口臭対策として我慢していくようにしましょう。

まとめ

口臭というのは体臭と同じぐらい気になる臭いの一つです。

でも、自分の臭いってなかなか気づかないものなんですよね。
だからといって「におうよ…」なんて、言ってくれる人が居ても恥ずかしいやら嬉しいやら、何だか微妙な気分になることもあるでしょう。

ですので、自分で出来る身近なことからはじめるのが、手っ取り早い方法ではないでしょうか。

口臭チェッカーといったものも市販されていますので、気になるのであれば購入を検討するといいですね。

どちらにしても、まずは正しい歯磨きからはじめてみましょう!

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

ウィルス性胃腸炎なら仕事は休むべき?休めない時は?復帰は?
足元の暖房でオフィスのデスクで使える省エネなモノって?
爪水虫に飲み薬と塗り薬どちらが効果的?
風邪の予防に手洗いとうがいは必須!習慣作りと免疫力も上げる
noimage
顔汗を抑えるいい薬ってあるの?止める方法や汗をかきやすい理由は?
紫外線とは何のこと?悪影響しか与えないの?多い時期はいつ?
ウイルス性胃腸炎になった!飲食店勤務なら仕事は休むべき
大掃除のやり方を知って部屋もお風呂も台所もキレイにするぞ
風邪ひいてご飯で栄養補給したいけど食べれない時におすすめ
胃腸風邪とは?原因はどこから?要因となる3つの要素もある
目の疲れの原因は?癒す方法はない?ブルーベリーは何故目にいいの?
花粉症の症状を和らげるには?緩和する方法はある?対処は?
ペンケースは中学生女子・男子にどれがおすすめ?
うなぎが夏バテにいい理由は?豚肉じゃだめなのかな?どっち?

Menu

HOME

TOP