七五三の写真撮影を嫌がる子供さんにおすすめしたい写真館

七五三の写真と言うのは、この時期にしか撮れないものなので、家族で一緒に撮ったり、おじぃいちゃんやおばあちゃんとも一緒に撮っておきたいものですよね。

でも、主役の子供が写真撮影を嫌がってしまったら、いくら周りがオシャレにキメていても結局、断念するしかなくなってしまいます。

そこで、「イヤイヤ病」が出なくなるかもしれない、素敵アイデアが気になる東京・原宿の写真館を紹介します。

スポンサードリンク

七五三の写真撮影を嫌がる子供さんにおすすめしたい写真館

最近の七五三では、参拝よりも写真撮影の方がメインになって来ていますので、子供に「イヤイヤ病」を出されてしまうと、滅入ってしまいますよね。

また、本人は着物やドレスを着る事もメイクをすることも好きで、写真館に行けば変身できると思っているのか楽しみにしているのですが、実際に写真館に行って撮影となると「やっぱりイヤイヤ」を出してこられてしまったら困り果ててしまいます。

「緊張」とかもありますし、家じゃない環境というのもあるでしょうし、写真撮影をするカメラマンとの面識がない。

といった部分もあるのでしょう。それまで、上機嫌だった子供もダンマリで笑顔すら見せてくれない。

この状況を変えてくれそうなサービスを実施しているのが「フォトスタジオpimo(ピモ)」なんですね。

現在は、東京・原宿にしかないのですが、ここのサービスはおすすめできますよ。

写真撮影を上手く済ますには「機嫌よく」していてもらう必要がありますので、できれば家でご両親と一緒にくつろぐ空間が必要だと思うんですね。

ま、子どもですしとりあえずは「お菓子」や「ジュース」があれば上機嫌じゃないかと。

そんな中で撮影が進めば、いつもと変わらない自然な笑顔を作ったまま写真撮影もできるでしょうから、SNSなどにアップする写真も自信を持って投稿できたりするんじゃないですかね。

このサービスを提供してくれているフォトスタジオpimoについて詳しくは、公式ページを見て確認してもらえればと思います。

フォトスタジオPimoのサイトへ

フォトスタジオPimoの、早割キャンペーンの『100分間貸切撮影』が、個人的に一番おすすめしたい理由となります。

利用した方も、この部分が非常に気に入っているようで、自然な撮影ができると評判です。

また、フォトスタジオPimoの運営会社もライザップやどろあわわ石鹸でおなじみの健康コーポレーション系列になっていますので、安心できる理由の一つではないでしょうか。

【Pimo】753

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

ジューンブライドの意味と日本に来た時期は?入籍?結婚式?
成人式の同窓会に行く?服装はフォーマルか普段着かどっち?
ハロウィンを子供と手作りの小物を作って一緒に楽しみましょう
横浜開港祭の感想
中之島イルミネーションへの最寄駅は?歩き方とか出店とかあるの?
ハロウィンの飾り付けはいつから?玄関や壁はどうする?
卒業式の袴レンタルができる梅田周辺のおすすめなお店3選
大阪のイルミネーションで中之島はクリスマスなどの混雑は?
鶴見緑地のイベント「光の花桟敷」って一体どんなの?
ハロウィンのイベントで六本木、千葉でゲームもあるのは?
七五三はいつするの?数え年って何?女の子と男の子で違いはあるの?
成人式の振袖はレンタルか買うか、お下がりか、どうする?
恵方巻きで縁起物の意味を考えながら楽しむ食べ方もあるよね
クリスマスソングおすすめの邦楽・洋楽とpvセレクション2015
ボジョレーヌーボーの解禁日の理由は?日本だけのイベント?

Menu

HOME

TOP