秋の味覚といえば何が食べたい?秋が旬の食材は?食欲が増えるのは?

秋になると夏の疲れから解放されたかのように「秋の味覚」を楽しみたくなりますよね。

美味しいものがたくさんあり、ついつい食べ過ぎてしまう人も多いのではないでしょうか?

でもでも、やっぱり食べたくなってしまうものなので、今回は「秋の味覚といえば?」「秋が旬の食材を紹介!」「食欲が秋になぜ増えるの?」の3本立てでお届けします。

特産地も記載しておきますので、旅行を兼ねて食べに行くにも良い季節なので、是非参考にされてみてください。

スポンサードリンク

秋の味覚といえば何が食べたい?

あなたが真っ先に食べたい秋の味覚はどれですか?

◆魚◆
秋刀魚 宮城県
戻り鰹 高知県
鮭 北海道
鯖(ゴマサバ) 高知県
鯵 長崎県
太刀魚 愛媛県

◆海産物◆
牡蠣 広島県
いくら 北海道

◆菌糸類◆
松茸 長野県
キノコ類 日本全国の山中

◆木の実◆
栗 京都府・茨城県・岐阜県など
銀杏 愛知県

◆野菜・根菜類◆
ユリ根 北海道
さつまいも 鹿児島県
なす 高知県

◆果物◆
梨 千葉県・鳥取県
柿 和歌山県
葡萄 山梨県・長野県
いちじく 愛知県
かもうり(冬瓜(とうがん)) 愛知県
あけび 山形県

◆穀物類◆
新米 北海道・秋田・新潟など
新蕎麦 福井県

◆家庭料理◆
むかごご飯(むかごは山芋の実)
キノコの炊き込みご飯
ジャガイモと秋ナスのカレー
栗カレー(じゃがいもの代わりに栗を丸ごと)

◆郷土料理◆
はらこ飯(鮭の身とイクラ(はらこ)を乗せたもの。宮城県郷土料理)
きりたんぽ(秋田県の郷土料理。秋田県内では冬場に学校給食メニューにもなる)

◆スイーツ◆
栗蒸し羊羹
モンブラン
スイートポテト など

◆番外編◆
永谷園のお吸い物
月見バーガー
団栗
まつぼっくり
バーベキュー

秋の味覚といえば、圧倒的に秋刀魚が人気で、栗、松茸などが続きます。
季節的に旬ではない?と思えるようでも、食べる人にしてみれば秋の味覚ですし「秋は何を食べても美味しいのでいいのではないか?」というのが結論だったりします。

【追記】
さつまいもに関する記事追加しました!
>>焼き芋を炊飯器と水とさつまいもで簡単に作る!適した芋はある?

秋が旬の食材を紹介!

秋の味覚に続いては「秋に旬となる食材」を紹介しておこうと思います。
時期的には「9月~11月」を目安に選んで見ました。

秋が旬の野菜

あおとうがらし 青唐辛子
あしたば 明日葉
いんげん 隠元豆
えのき 榎
エリンギ eryngi
おくら 陸蓮根
かぶ 蕪
かぼちゃ 南瓜
カリフラワー cauliflower
ぎんなん 銀杏
くわい 慈姑
ごぼう 牛蒡
さつまいも 薩摩芋、甘藷
さといも 里芋
さんしょう 山椒
しいたけ 椎茸
しそ(大葉) 紫蘇
しめじ 湿地
じゃがいも 馬鈴薯
しゅんぎく 春菊
ズッキーニ zucchini
だいこん 大根
ちんげんさい 青梗菜
つるむらさき 蔓紫
とうがん 冬瓜
ながいも(やまいも) 長芋(山芋)
ながねぎ 長葱
なす 茄子
なめこ 滑子
にがうり(ゴーヤ) 苦瓜
にんじん 人参
のざわな 野沢菜
はくさい 白菜
はとうがらし 葉唐辛子
ブロッコリー broccoli
ほうれんそう 菠薐草
まいたけ 舞茸
マッシュルーム mushroom
みょうが 茗荷(花茗荷)
むかご 零余子
ゆりね 百合根
ルッコラ rucola
レタス lettuce
れんこん 蓮根

秋が旬の果物

いちじく 無花果
かき 柿
かぼす 香母酢
かりん 花梨
キウイ kiwi fruit
シークワーサー ヒラミレモン
すだち 酢橘
なし 梨
ぶどう・マスカット 葡萄、muscat
みかん 蜜柑
ゆず 柚子
りんご 林檎

秋が旬の魚

いなだ・はまち 鰍
いぼだい・えぼだい 疣鯛
いわし 鰯
うなぎ 鰻
かつお 鰹
かます 梭魚
かんぱち 間八
きんき(きちじ) 喜知次
こはだ(このしろ) 小鰭
さけ 鮭
さば 鯖
さわら 鰆
さんま 秋刀魚
ししゃも 柳葉魚
しらす 白子
たちうお 太刀魚
にしん 鰊
はたはた 鰰
はも 鱧
ひらめ 平目
ふぐ 河豚
ぼら 鯔

秋が旬の魚介類

あわび 鮑
スルメイカ 鯣烏賊
いくら ikra
いせえび 伊勢海老
くるまえび 車海老
タラバガニ 鱈場蟹
けがに 毛蟹
こんぶ 昆布
たらこ 鱈子
のり 海苔

秋が旬のその他の食材

あずき 小豆
あんこ 餡子
ごま 胡麻
こんにゃく・しらたき 蒟蒻、白滝
そば 蕎麦

秋に旬となる食材ですが、天然ものでないものも多くその場合は、1年中食べられますので秋が旬の食材とは思わないものもありますね。

また、魚などは回遊する種類もいますので、漁獲された場所によっては旬ではない場合もあったりします。


スポンサードリンク

食欲が秋になぜ増えるの?

秋の味覚を食べ過ぎてしまうという方は「なぜ秋になると食欲が増えるのか?」が、謎のまま…。

というのもありがちだと思います。私もそうですしね。
食欲が秋に増える謎を見ていきましょうか。

「食欲が秋に増える」という理由は要因が様々あり、簡単には言えないのですね。

単純に「冬を迎えるための準備として、栄養を蓄える為」というが、一番本能に近い気もしますので、私の意見としては「本能だから…」と考えています。

ただ、研究結果として裏付けがありそうなものもありますので、そちらも紹介しておきます。

◆日照時間の関係◆
人間は、日光に当たることで「セロトニン」という精神安定物質を分泌します。

夏は、日差しも強く日照時間も十分あるのに対し、秋になってくると日照時間は低下し、その分体内のセロトニン分泌量も低下します。

また、セロトニンの量を増やす方法として「糖質・乳製品・肉類」の摂取や睡眠をとる事で分泌量が増えます。

ですので、セロトニンの分泌量を増やしたい体内で「食べろ!」という命令が出ているのだということです。

たしかに、満腹になったら気分は落ち着きますよね。

◆気温の変化に対する反応◆

気温が下がると、体内の温度を上げようと身体が反応し、基礎代謝が上がると言われています。

わかりやすくいうと「冬にガクガク震える」というのがそうで、身体を震わせることで体内温度を上げようとしているんですね。

そして、基礎代謝が上がった分多くのエネルギーを使うので、補給しようとお腹が空いて食べたくなるんです。

このあたりが「夏より冬の方が体力がいる」と言われる所以ですね。

◆その他の要因◆

夏バテ気味だった身体が回復し、栄養を補給のために食欲が秋になると増える。
などといった事が考えられます。

まとめ

秋の味覚といえば、定番となる食材がやっぱり王様というか人気の高いものばかりでした。
中には「えっ!」とか「へぇ~」と思えるようなものもあったかもしれませんね。

秋が旬の食材も「実りの秋」と言われるだけに、いろんな食材が旬を迎えます。ただ、最近では天然ものではないものも増え、1年中食べることができますので、旬と聞いてもピンとこないものが多いのではないでしょうか。

食欲が増えるものも、考えてみれば「なるほど」と納得してしまいますよね。
秋が「メタボの秋」と言われるのも、逆の意味で納得してしまいます。

あなたも、秋の味覚を堪能してくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

そら豆の茹で方はさやごと鍋に入れるの?食べ方は?皮のむき方は?
葵祭もランチも堪能!御所・下鴨神社周辺でおすすめのお店は?
おいしい秋刀魚の選び方
みたらし団子の由来はどこから?種類はどれぐらいある?
カンパチとブリは出世魚?見分け方は?ヒラマサも仲間かな?
七草粥の炊飯器を使う作り方。レシピ簡単、材料もスーパーで
氷見でブリが味わえる店 氷見番屋街・富山湾鮨・うみあかり
渡り蟹の味噌汁の作り方を知る。下処理とさばき方もついでに
ブリとカンパチとヒラマサの違いは?それぞれの特徴が知りたい
秋刀魚の塩焼きをフライパンやアルミホイルを使って上手に焼くコツ
寒ブリを旬の時期に氷見の民宿で食べたい時に読んでおきたい
ヒラマサは出世魚ではなく、ブリやカンパチとも違うんです。
わらび餅は何故わらびなの?素材から?便秘解消にもいいの?
焼き芋を炊飯器と水とさつまいもで簡単に作る!適した芋はある?
イチゴ狩りを関西の大阪で食べ放題で無制限な場所は?練乳は?

Menu

HOME

TOP