中国風の月見なら月餅を食べよう!餡の種類や美味しいお店は?

お月さんのうさぎを見ながら、のんびり月見団子を味わいすすきの穂の揺れを眺めて風流に過ごすのもとても素敵な時間だと思います。

でも、正直なところそれ以上に何かの楽しみがあるか、と言うとそうでもないですね。
眺めるだけなら、いつもと違う雰囲気でお月見もいいのではないでしょうか?

そこで今回は「中国風」のお月見について書いていきますので、いつもと違うお月見をしてみたいと思ったら役に立つかもしれません。

スポンサードリンク

中国風の月見なら月餅を食べよう

「月を眺める」という習慣は、日本にも昔からありましたが中国から伝わってきたもの。

そして、日本では「月見団子」と「すすき」がセットになっているイメージですよね。
某ハンバーガー屋さんの「月見バーガー」もありっちゃありですが。

で、中国でのお月見というのは「中秋節」と言われる時期にするものでして、「春節祭」同様に大事にされているんですね。

私の知人も「春節祭」「中秋節」には「国に帰る」と言い残し帰省しています。
日本の「盆」や「正月」と同じぐらいかそれ以上の想いがあるのでしょう。

この中秋節に食べるのは月見団子ではなく「月餅(げっぺい)」というお菓子。
皮が薄くて餡(あん)がぎっしり詰まっているので、甘いものが好きな私も好きです。

もともと中国では月見の時期(中秋節)になると、月に見立てた大きな月餅を家族で切り分けて食べるという習慣がありました。

中国では中秋節になると月餅を家族で切り分けて食べ「家族円満」などを祈願するという時期なんですね。

だから、家族が集まって過ごす日となり大切にされているんですよ。

ちなみに、日本の場合「銘々膳(めいめいぜん)」という方式が主流でした。
これは、一人一人お膳が用意された状態で食べるという形ですね。

今でも旅行などに行った時に、体験できることも多いかと思います。

それが、時代とともに「ちゃぶ台」や「テーブル」となっていき、皆で卓を囲んで食事する様式に変化してきました。

たしかに、個別よりもみんなで囲んで食べる方が、おいしいですものね。

個人的にではありますが、こういった考えの元中国では、古くからこういった様式を用い家族の絆を深めたい、家族円満でありますようにと祈願してきたのだと思います。

さらに、中国でも時代とともに月餅の扱いにも変化が訪れてきて、家族で食べる月餅もそうですが、親しい中での贈り合いや、会社での贈答品などとして用いられるようになりました。

そういう流れもあり、今では中華菓子の代表の一つとして一般的に出回るようになったんです。

日本でも通販はもちろんですが、中華街と呼ばれる場所では中秋節以外にも月餅は売られており、「中秋月餅」も中秋節の際には特別に販売されますので、今度のお月見には月餅を買って帰って、家族で団らんしながら食べるというのもいいのではないでしょうか。

月餅の餡にはどんな種類がある?

月餅にも餡の種類がいろいろとあるんです。

年中売られているような一般的な中華菓子としての月餅の餡にも種類があり「あずき餡」「ハスの実餡」「ナツメ餡」「クリ餡」などがあり、クルミや松の実、ナッツなどを入れたものもあります。

他にも、ココナッツ餡や木の実餡もあり、香港では「アイス月餅」などバリエーションも豊かになってきています。

そして、中秋節にもちいられる「中秋月餅」の餡の中にはアヒルの卵を塩漬にした「タンファン」の黄身が入っています。

タンファンって、知らない方も多いかもですがアヒルの卵の塩漬と聞いて「ピータン」が思い浮かんだなら、味はだいたい想像できると思います。

私は、ピータンのまったりとした舌触りと味が結構好きなので、中秋月餅も好きなのです。

ですので、ピータンが苦手だという場合はタンファンも苦手かもしれませんね。

月餅の皮が比較的水分の少ない状態なので、濃厚なまったりした味わいが絶妙に合ってたりするんですよね。

ちなみに、この水分が少ない状態なのは、中国で元々大きなサイズの月餅を作り少しずつ切り取りながら食べていた名残となっています。

そして、この月餅に合う飲み物は「中国茶」「日本茶」などにもちろん合いますが、意外にも「ブラックコーヒー」も合うのでコーヒーを飲まれるなら、一度試してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

中秋節の月餅を楽しめるお店はどこ?

中秋節の月餅の「中秋月餅」を楽しむなら、中国に行くと本場の味が楽しめますが、日本でも楽しめます。

それは「中華街」ですよね。

日本には
・横浜中華街
・南京町(兵庫県)
・長崎新地中華街

が有名で「日本三大中華街」とされているそうです(←これは知らなかったです)

他にも、「池袋チャイナタウン」「川口居留地」「久米(沖縄県)」などもありますが、日本三大中華街をおすすめしておきます。

◆横浜中華街「重慶飯店本館」◆


ここでは、「中秋大月餅」という大きな月餅を切り分け先着300名に無料配布などのイベントをしてたりしますので、月餅を皆で楽しみたいならおすすめですね。

他にも、いろんな月餅が楽しめますので食事を兼ねて訪れてもいいかもです。

◆南京町「東栄商行」◆

南京町に訪れる多くの方が月餅を買うのに利用しているのがここ
南京町もそうですが、大体食材を売っているお店なら「月餅」が並んでいます。

中秋月餅は、他のお店には保存料が使ってあるのに対し、こちらでは添加物が入っていないということで人気があるんですね。

◆長崎新地中華街「福建」◆

長崎新地中華街の月餅と言えば「福建」ぐらいに有名なお店です。
昔ながらの伝統の手法で作り続けている職人のお店といった感じですね。

以上、3つの中華街のおすすめを個人的に紹介してみました。
月餅にハマると、種類が多すぎて延々と通い続けてしまうことになるのでご注意ください。

まとめ

中国の月見に月餅を供える習わしですが、月見団子とすすきで豊作祈願をしていた日本とは違い、「家族団らん」「円満」と月の形に意味を持たせた習慣なんですね。

また、中秋節には欠かせない月餅ですが一般的なものは種類も多く食べつくすには大変なぐらいです。

月餅は、カロリーも高く糖質も高いのでダイエットしている(するつもり)なら、控えめに食べた方がよさそうです。

お月見を普段とは違い「中国風のお月見」を楽しみたいなら大きめの月餅を切り分けて、お月さんを眺めながら食べてみても美味しそうですね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

端午の節句の由来は?人形やちまき・柏餅の食べ物の意味は?
地蔵盆の由来はどこからで関西だけなのか?参加しないといけない?
京都の初詣で人気の伏見稲荷・八坂神社・平安神宮でおすすめは?
京都|北野天満宮の初天神?場所と時間は?曽根崎は違う?
日本三大祭りと言われる祇園祭と天神祭と神田祭
くわいをおせちで使う意味は?入れるのは関西だけ?作り方もちがう?
年越しそばを食べる理由は?何時に食べるといいの?具は何?
こどもの日に甥っ子へのプレゼントは何がいい?おすすめは?
謹賀新年の意味と目上に対する使い方。迎春は使わない方がいい
敬老の日に孫からプレゼントすると喜ばれるものは何?
四天王寺のどやどやの由来や意味は?日程と時間は?日本三大奇祭?
祇園祭の歴史と日程や内容 山鉾巡行のコース紹介
年賀状の夫婦への宛名はどうする?連名が普通?いとこ夫婦へは?
雛人形の収納飾りとケース入りの○×木目込みならコンパクト
お中元で贈ってはいけないものはどんなもの?注意したいものは?

Menu

HOME

TOP