お月見とうさぎの由来は?月見団子とすすきの意味は?

夜空のお月さんがキレイな夜ってなんとも素敵です。
うさぎが餅をつくように見える、月の姿にはどんな意味あいがあるのでしょう。

古くからの言い伝えがまじりあい、日本独自の考えでいろんな話がありますがうさぎの由来については、少し切ない気分にもなってしまいます。

もしも子供さんにお話しされる場合は、どう伝えるのかを考えてみた方がいいかもですね。

スポンサードリンク

お月見とうさぎの由来は?

お月見の由来

お月見の由来は、元々農業を生業とする方達の習慣といえます。

お月見の季節は9月ですよね。9月といえば秋です。

収穫の秋です。
食欲や読書などの秋は、ここでは出てきません。

そして、お月見の日は「十五夜」と言われ「中秋の名月」と呼ばれていますね。

で、十五夜には満月が出る可能性が高いというワケなんです。

すると、十五夜に出る満月だから「名月」といい、最新技術などが無い時代は月の満ち欠けで農作業を行っていたこともあるんですね。

ですので、当時農業をする人達にとって月は大切な存在であったし、満月は豊穣の象徴だったと言われていました。

そういった事から「お月さん、満月になってくれてありがとう。また、来年もよろしくお願いします」という意味も込めて、豊作祈願のお祭りが行われる程の大切な節目となっていました。

ただ、農業をする人が当時とは比べ物にならないほどに減ってしまい、「月は眺めるもの」という習慣になってしまいがちですが、これは中国から伝わった事で、日本でも古くから「月を鑑賞する」習慣はありました。

他にも、満月の灯りは夜になってまで農作業をする方達にとって、今で言う「電灯」の役目も果たしていて感謝するというお話もあったりします。

うさぎの由来

「うさぎが餅をついているように見える」

これは、日本にいれば誰にでもわかる事なのですが、海外では「カニ・女性の横顔・ライオン」などいろんな見え方があるようです。

日本でうさぎになった由来は「仏教」のお話から伝わっています。

それが『月うさぎ伝説』となっているんですね。

内容は、うさぎ・サル・キツネが、「なぜ自分たちは、獣の姿なんだろう?何か前世で悪い事でもしたのかな?」「だったら、今からでも人の役に立ちたいね」なんて話していたのを、帝釈天(たいしゃくてん)が聞いてました。

そこで、帝釈天は3匹の前に、疲れ果てた老人の姿となり現れました。
そして「何か食べ物を食べさせてほしい」と言ったんです。

「人の役に立つことができる!」と喜んだ3匹は、すぐに自分たちで食べる物を探しにでかけました。

サルは「木の実」、キツネは「魚」をそれぞれ持ってきたのですが、うさぎは手ぶらで戻ってきてしまいました。

うさぎは、怠けていたわけでもなく一生懸命に探したのですが、何も持ってくることができず「もう一度探してくるから、火を焚いて待ってて」とサルとキツネに言い残し、もう一度出かけて行きました。

少しすると、うさぎは帰ってきましたが、やっぱり何も見つけられなかったようです。
それを見た、サルとキツネはうさぎは嘘つきだといいます。

するとうさぎは「残念ながら、私には食べ物を採る力がありません。ですので、私を食べてください。」と言うと、焚いてある火の中に飛び込み老人に自分の身を捧げてしまいました。

帝釈天も、「人の役に立ちたい」と願う動物の願いを叶えさせてあげようとしたことが、返ってうさぎを追い込んでしまったと感じたのか「うさぎには可哀相なことをした。」と月の中にうさぎを甦らせてあげたんです。

これが「月うさぎ伝説」になりますが、いろんな言い回しがありますので、多少の違いはありますが、うさぎのとった行動の部分は子供さんに説明する時は刺激が強いかもしれませんね。

最後は「月の中で生き返る」というところまで聞かせてあげると安心するかもですね。

このお話は「人の役に立ちたい気持ち」というのが中心ですので、そのあたりは「実は老人は、すごくニンジンが好きでうさぎが美味しいニンジンを持ってきてくれた」とか話を変えてもいいのではないかと思います。

そうすることで、多少説明もしやすいのではと感じました。

以上がお月見とうさぎの由来となります。

月見団子とすすきの意味は?

月見団子とすすきの意味については、先ほどの「月うさぎ伝説」は置いておきます。
日本の習慣というのは、日本古来の習慣に中国からの言い伝えや習慣がまじりあっているものが多く、お月見に関しても同じことが言えます。

月見団子は「月」を模した供え物として月の様に丸い団子を供え豊穣祈願をしますし、すすきには「邪気」を払うという意味もありますので、豊穣を祈願するのに邪気も払わないといけません。

また、すすきは稲穂と似ていますので、お米の出来がすごく大切だった時代を考えれば、すすきを供えるのも納得いきますね。

地域によっては、すすきではなく稲穂を供えるところもあるそうです。

豊作を祈願するために、お米で月に似せたお団子を作り、お米の豊作を祈ってすすきや稲穂を供えるといったあたり、どれだけお米が大事にされていたかわかりますよね。


スポンサードリンク

月見団子ではなく里芋を供えるところもある

月見と言えば「月見団子」なのですが、地域により「里芋」を供えるところもあります。

これは、十五夜のお供えは「その年の収穫物を供える」という風習が残っているためなんですね。

そこから、現在のように月見団子だけに変わっていったと考えられているそうです。
里芋は秋に収穫されますし、形は真ん丸とは言えませんが、上手く切ればお月さんみたいになってますからね。

また、里芋って人により「手」がかゆくなったりもしますので、月見団子の方がお月さんみたいだし、子供さんも食べやすいしということで変わっていったのではないかと勝手に想像してしまいます。

まとめ

お月見の由来は、豊作に感謝し来年への祈願。
うさぎは、「月うさぎ伝説」から。

「無理やり」といえなくもないですが、日本は上手い具合に古来の風習と外国の習慣とを融合させていたんだなと、つくづく感じてしまいました。

月見団子やすすきは「鑑賞用」ではなく、もともと供え物としてのものなんですよ。家庭では供え物となると、ちょっと神事っぽく感じますが、お月見の時って案外それっぽくないので、供え物と気づいたのは結構後のことでした。

どういう形にしても、自然と向き合う時間は時代と共に加速度的に減ってきてしまいます。

ですので、できるだけこういった習慣は続いて欲しいものですね。
あなたも、秋の夜長に「お月見」を加えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

abematvとはなんぞ?無料でアニメ専門チャンネルが開設されるみたい
noimage
noimage
noimage
noimage
おみくじの由来や意味、有効期限があったりするのかな?
auの長期利用でメリットが広がる?かもしれない「au STAR」
noimage
noimage
ペンケースは中学生女子・男子にどれがおすすめ?
電力自由化は賃貸マンションに住んでいても個人契約できる?
何でも炭酸にできる魔法の道具があるらしいと最近知った
小型のドローンが昆虫型ミニドローンになって登場
noimage
円高・円安をわかりやすく簡単に。で、結局どっちがいいの?

Menu

HOME

TOP