敬老の日に孫からプレゼントすると喜ばれるものは何?

敬老の日に、子供である私たちよりも孫からもらうプレゼントの方が喜んでくれます。
私たちからのプレゼントは「照れ」もあるでしょうし「としよりあつかい」されることにも抵抗があるでしょう。

しかし、孫からプレゼントとなると事情は変わるようで、満面の笑顔で喜んでくれますので、孫も子供(私たち)も笑顔になってしまいます。

なら、孫を出汁に使ってと言う表現は悪いですが、おじいちゃんおばちゃんを喜ばしてしまおうと考えた時に何がいいのか?を紹介していきます。

子供主体のプレゼントとなりますので、親である私たちは子供が出来ない部分を補う形で参加しておくといいでしょうね。

スポンサードリンク

敬老の日に孫からプレゼントすると喜ばれるもの

敬老の日に孫からプレゼントするなら「成長がわかるもの」が一番ではないかと考えるのです。

・手紙

・おじいちゃんおばあちゃんの似顔絵

・手形or足型

・アルバム

など、毎年贈ることで成長が見えますので喜んでもらえそうですよね。

特に、孫自身の手作りとなる「手紙や似顔絵」は、非常に喜んでもらえます。

大人になってしまうと「見た目」「体裁」など余計な事を考えてしまいがちですが、子供の場合は、素直に感情を表現しますので、手紙であれ、似顔絵であれ気持ちのまま表現してくれます。

ですので、気持ちが籠った孫からのプレゼントとしては最高のものとなるのかもしれません。
そこには、字や絵の上手い下手といった部分は全く関係ありませんので、自由に書かせてみたらいいと思いますよ。

手形や足型も、成長を見れますが、お子さんがあまりにも小さい場合ですと手を広げて手形を取るのは難しいかと感じますので、その場合は足型で問題ないのではないでしょうか?

アルバムもかなり喜んでくれますしスゴク大切にしてくれますね。
一緒に写真立ても贈ると、気に入った写真を入れ替えるという楽しみもあったりしますので。

アルバムに入れる写真も、そんなに数は多くなくていいと思います。
季節に応じて、数枚入れておき祖父祖母と一緒に写っているものは必ず入れておくといった感じでアルバムを作成しておくと尚いいですね。

他に、親であるあなたも参加したいと思うなら「お菓子」などの品物を送るというのがいいのかもしれませんね。

でも、商品を選ぶのは子供にまかせましょう。
例え、子供が食べたいと思ったのものでも「おじいちゃんおばちゃんと一緒に食べたいものを選んで」といっておけばいいのではないでしょうか。

おそらく甘いものになってしまうでしょうから、別にお茶やコーヒー、紅茶なども一緒に添えておくといいですね。

それと、お菓子の場合大人が選んでしまうと、つい「和風なもの」が何故か頭をよぎりがちになり、「御煎餅」を選んでしまうこともあったりします。

これはちょっと注意が必要で、祖父祖母の歯の状態を把握していないといけません。
また、家で友達とお茶会を開く事がある場合などもありますから、お友達に歯の悪い方がいるとせっかく「孫からプレゼントもらった」と自慢したくても、出しにくくなります。

と、いったところが「敬老の日に孫からプレゼントすると喜ばれるもの」としておすすめできるものとなります。

とにかく、気持ちのこもったものであれば喜んでもらえるでしょう。

敬老の日の由来は?

敬老の日の由来というのは、そもそも「老人を大切にし、年寄の知恵を借りて村づくりをしよう」という、とある村の提唱した「としよりの日」が始まりとされているんですね。

ですので、決して「年寄扱い」したいわけではなく「よりよい将来のために経験を多く積んできた方の知恵を借りたい」という考えがあるんですね。

結局のところ、経験が長い=年寄となってしまうのですが…(汗

昔から「おばあちゃんの知恵袋」というのもあり、今でこそ民間療法だの言い伝えだの言われてしまいますが、そういった知恵って経験の中からしか生まれてこないものなんですね。

私も、じいちゃんの「若い頃の話」や、同じ会社の年上の方に「今の自分と同じ年齢の時の話」というのは、よく聞くんですよ。

今とは全然違う世界を知れるので、すごく聞いてて楽しいんですよ。

ですので、あなた自身も子供さんにもおじいちゃんやおばあちゃんの昔話は、聞かせてもらうといいと思いますよ。

そういった事も「年寄りを想う」という事につながると感じていますので。

今の時代ネットでなんでも知る事ができてしまいます。
ですが、実体験として経験してきた方の話には新鮮味があり、重みがあります。

また、「敬老の日を祝う」という表現を耳しますが、個人的にちょっと違う気もしています。
これは、敬老の日の由来から感じるのですが「祝う」のではなく「ありがとう」の感謝ではなかろうかと。

「敬老の日、おめでとう!」ってなると、私なら「年寄りになって、おめでとう!」って取ってしまいます。

だったら「いつもありがとう」の方が、受け入れやすいのではないかと。

あくまで個人的な意見ですので、ご理解ください。


スポンサードリンク

年寄りは何歳から

敬老の日にプレゼントを贈るはいいですが、年寄りとは何歳からの事をいうのでしょうか?

以前は、60歳で会社が定年になるということもあり、60歳ぐらいで年寄りと言う感覚もあったのですが、現在ではその状況も変わりつつあり、年齢だけの判断でもない感じになりつつあります。

また、本人からすれば「自分が年寄り」だという実感はあまり感じない事が多いですよね。
「まだ若い」そう思っている場合の方が多いと思います。

実際、70代80代でも元気な人は元気ですし、バリバリ仕事をしている人もいます。

そう考えると、「年寄り」という基準が見えてきませんよねw

で、とあるアンケートがありまして「敬老の日のお祝いは何歳から?」というもの。
全体で見ると「70歳以上」と考える人が多いようです。

20代から40代の半数は「60歳以上」で、60代以上の方になると「70歳以上」が敬老の日の対象となる年齢と考えているそうです。

あきらかに「自分は対象ではない」と考えるような結果になっています。
ちなみに、70代以上の方は70代が対象と答えているというのが印象的。

70代になると「敬老の日の対象」と考えてしまうのかもですね。

まとめ

敬老の日は、いつも孫を可愛がってくれているおじいちゃんおばあちゃんに「ありがとう」を伝える日として考えた方が、いいのかもしれません。

孫からであれば、何をもらっても喜んでくれますし、手作りや成長が見て取れるものなら尚更嬉しさもアップするみたい。

でも、決して「年寄り扱い」するのではなく「感謝」することを忘れずに。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

年賀状は一言ある方がうれしいけど書かないのはマナー違反?
京都|北野天満宮の初天神?場所と時間は?曽根崎は違う?
年越しそばを食べる理由は?何時に食べるといいの?具は何?
十日戎の由来は?笹や飾りの意味は?大阪今宮戎の場所はどこ?
謹賀新年の意味と目上に対する使い方。迎春は使わない方がいい
年賀状の書き方にマナーはある?宛名や返事の書き方は?
お中元って何?意味や由来は?で、誰から誰に贈るもの?時期は?
雛人形の収納飾りとケース入りの○×木目込みならコンパクト
こどもの日に甥っ子へのプレゼントは何がいい?おすすめは?
父の日の贈り物に食べ物を日本全国の名産から贈りたい!70代なら何?
ひな祭りの雛人形や飾り、食べ物にはどんな意味があるの?
四天王寺のどやどやの由来や意味は?日程と時間は?日本三大奇祭?
京都の初詣で人気の伏見稲荷・八坂神社・平安神宮でおすすめは?
年賀状の夫婦への宛名はどうする?連名が普通?いとこ夫婦へは?
天神祭の花火が近い宿泊場所は?場所を考えると桜ノ宮周辺だけど

Menu

HOME

TOP