謹賀新年の意味と目上に対する使い方。迎春は使わない方がいい

年賀状を書く季節になると思わず「どうだったっけ?」
となるのが目上の方に対しての年賀状の書き方。
普段使っている言葉の意味を理解して
しっかりとした人間だと思ってもらえるように
目上の方への年賀状の書き方を覚えておきましょうね。

スポンサードリンク

謹賀新年の意味は目上に対して失礼になるのかな?

目上の方に年賀状を書くときは「謹賀新年」を使います。
この「謹賀新年」には『謹んで新年の喜びを申し上げます』
という意味があるので、目上の方に書くには適した言葉なんですね。

普段から謹賀新年は使っていると思いますが言葉の意味って
あまり考えないですよね。最近では横文字を使ったりしますし
印刷屋さんに頼んでおけるので、
なんとなくデザインで選んでしまう事もあると思います。

ですが、目上の方に対する年賀状として出すのであればしっかりと
意味を知った上で出した方がいいと思いますよ。

謹賀新年の意味を取り違えた使い方

謹賀新年と、日頃の感謝を込めて書いた横に
「新年あけましておめでとうございます」なんて書いていませんか?

実は、これは正しくはないのですよ。
謹賀新年自体にも、同じ意味が含まれているので
重複した内容となり失礼になります。

ですので、謹賀新年を書いたのであれば
その横には、「本年もよろしくお願いいたします」といった
文章を書いておくのが最適なんですよね。

ちなみに、こう書くと「ん?」となるかもなので
参考にされてくださいね。

「謹んで新年の喜びを申し上げます。
  新年あけましておめでとうございます。」

なんか不自然さを感じませんか?

スポンサードリンク

迎春や謹賀新年は違う意味があるのかな

年賀状に書く言葉は「賀詞(ガシ)」と言われていて
謹賀新年や迎春などが使われています。

それぞれの意味は、どちらも
「あけましておめでとう」という意味合いがあります。

ただ、迎春は「新年を迎えましたね」と
へりくだった意味合いがありませんので
目下に対しての賀詞となりますので
注意してくださいね。

意味が同じでも言葉の内容が違いますので
目上の方に対してはくれぐれも迎春などの
2文字の賀詞は使わないようにしましょうね。

まとめ

謹賀新年の意味や使い方はご理解いただけたでしょうか?
何気なく使う言葉にもきちんとした意味があるので
しっかりと覚えて目上の方へ新年のあいさつを
しっかりしておきましょうね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

お中元って何?意味や由来は?で、誰から誰に贈るもの?時期は?
お中元で贈ってはいけないものはどんなもの?注意したいものは?
干支を書くのが年賀状最大の難関だったりしませんか
葵祭の観覧席の予約はどこで?御所と下鴨神社、おすすめはどっち?
祇園祭の歴史と日程や内容 山鉾巡行のコース紹介
恵方巻きの食べ方や太巻きに入れる具材と食べる時に黙る意味
雛人形の収納飾りとケース入りの○×木目込みならコンパクト
日本三大祭りと言われる祇園祭と天神祭と神田祭
京都|北野天満宮の初天神?場所と時間は?曽根崎は違う?
八十八夜の意味は?茶摘みとの関係は?お茶を飲む意味は?
父の日の贈り物に食べ物を日本全国の名産から贈りたい!70代なら何?
敬老の日に孫からプレゼントすると喜ばれるものは何?
内定先に年賀状の返信をしたいけど寒中見舞いでもいい?必要?
葵祭の有料観覧席でおすすめな席はどこから見るのがいいんだろう
ひな祭りの雛人形や飾り、食べ物にはどんな意味があるの?

Menu

HOME

TOP