災害が起きる前に備えるもの、備えておきたい物

災害が起きた時にすることで、一番大切なのは「自分の命を守ること」となります。
まずは、ここを最優先した上での備えるものとなってきます。

ですので、災害に備えるもの含めて、地震の際の対応策も基本的な事を紹介しておきます。

スポンサードリンク

災害が起きる前に備えるもの

災害にあってしまってからでは、準備しにくいのが備えるものですよね。

備えるものといっても、一応ですが、市町村などで「非常持ち出し品」などのリストが公開されていますので、確認していただければと思いますが、まずはこれぐらいはあった方がいいと考えられるものを紹介しておきます。

非常持ち出し品

・ライター

乳児用品

・使い捨てカイロ

・スプーンやフォーク、割りばしなど

・電池

・ローソク

・ビニール袋

・ナイフ

・栓抜き、缶切り

・食料品(2,3日分)

・現金

・ラップ

・健康保険証、免許証(どちらもコピー)

・雨具

・懐中電灯

・手袋

・ロープ

・ティッシュペーパー

・アドレス帳

・タオル

上記のものを、必要に応じてリュックなどの非常災害用の袋に入れておきましょう

また、ヘルメット、ラジオ、飲料水、救急セットなども別で用意しておくことをおすすめします。

他にも「基本品目」として一例を出してくれているところもありますので、参考にしておきましょう。

目安は大人二人分になります。

◆非常持ち出し袋に入れるモノ◆

・缶入り乾パン(110g)2個

・飲料水(500mlペットボトル)6本

・懐中電灯 2個

・ローソク 2本

・ライター 2個

・十徳ナイフ 1本

・軍手、手袋 2組

・ロープ(5m~) 1本

・レジャーシート 1枚

・サバイバルブランケット 2枚

・簡易トイレ 2枚~
 
・タオル 4枚~

・ポリ袋 10枚

・タオル 4枚~

・トイレットペーパー 1ロール

・ウェットティッシュ 2個

・現金(公衆電話用の小銭も含む)

・ガムテープ(布製) 1個

・油性マジック 1本

・筆記用具 1セット

・生理用品 適量

◆救急袋に入れておきたい物◆

・毛抜き 1本

・消毒液 1本

・脱脂綿 適当量

・ガーゼ(滅菌) 2枚

・ばんそうこう 10枚~

・包帯 2巻

・三角筋 2枚

・マスク 2枚

・常備薬、持病薬など

こういう感じで、災害に備えるものとして挙げることができます。

災害の影響というものは、予想できませんし「何をどれぐらい持って行けば大丈夫」といった確定的な要素も何一つありません。

ですので、あなた自身、災害時を想定し人に話を聞いたりして、災害に対する知識というものを何も起きていない状態で少しでも多く知っておくことが大切なこととなります。

何かがあっても、その次の瞬間にあなたの身を助けてくれるのは、他人ではなくあなた自身ということを理解しておくようにしておくといいでしょう。

地震が起きた時の基本的な対応

災害といっても、いろいろありますが、防災訓練などでよく行われる「地震」についての対応を、紹介しておきますね。

◆地震発生◆

・揺れを感じたら、スグに身を守れるようなものの下に隠れる。

・揺れが収まれば、家族の安否確認をして、電気・ガスの元栓を締める。

・余震に注意しながら、隣近所の安全確認もしましょう。

・出火している場合は、大きな声で近所に知らせ可能であれば協力して消火活動

・ラジオ、テレビ、携帯など情報収集できるもので、現状を把握する

・身内などが少し離れている場合などは「171」の伝言ダイヤルや、災害伝言板なども利用する。

・あなたや家族、隣近所の安全確認ができたら、地域ぐるみの助け合いに参加し被災した方達の助けになるよう努める。

以上のような流れが、基本的な流れになります。

しかしながら、流れ通りに行かないのも災害の怖いところとなりますので、出来る限り自分を含め、身内や隣近所など安全確認をしてからの行動も、日頃からシュミレーションしておくといいですね。

こちらも、地域で防災訓練などが開かれますので、積極的に参加してみましょう。


スポンサードリンク

災害時の備蓄品リスト

災害時の備蓄品リストは、一部持ち出し品とかぶるところもありますので、単純に普段からしておきたい災害時の備蓄品ということでリストにしておきます。

・食品(缶詰、レトルト食品、栄養補助食品)

・食品(チョコレート、のど飴、梅干しなど)

・食品(調味料、スープ、味噌汁など)

・飲料水(1人当たり、1日2~3リットル

自宅で収納可能となる日数分を準備しておくといいです。
理想は10日分×人数分となります。

・燃料

卓上コンロ(カセットコンロ)、固形燃料、予備のガスボンベなど

・鍋、やかん

・簡易食器

割りばし、紙皿、紙コップなど
場合により、ラップを巻いて使うことで洗浄の際の水の節約になります。

・毛布、タオルケット、寝袋など

・洗面用具

歯ブラシ、石鹸、タオル、ドライシャンプー

・アルミホイル、新聞紙

・予備のめがね、補聴器など

・工具類

ロープ、バール、スコップ、のこぎり、車のジャッキなど

災害時に用意しておきたい備蓄品となりますが、収納場所の関係もあるでしょうから、できるだけ多く準備できる分、といったとらえ方をしてもらえればと思います。

まとめ

災害は、いつ起きるかわかりませんし、あなたが住んでいる場所では起きないかもしれません。

しかしながら、被災した地域の映像を見る限り最低限の備えは必要だと感じさせられていると思います。

今は大丈夫だからではなく、明日かも知れないぐらいの気持ちで準備しておくようにしましょうね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP