災害対策で乳幼児が居るならこんな備えをしておきたい

災害対策なんて、災害が起きずに「いらなくなったね」と言える状態が望ましいのですが、対策をしておくのは「もしも…」を考えれらる素敵な考えの持ち主だと思います。

乳幼児がいる場合だと、自分だけではなく赤ちゃんの心配もありますので、より災害対策に力が入ってしまいますよね。

大人であれば、何とかなることでも乳幼児であればそうはいかない場合もあります。
ですので、ここで、あると役に立つものを紹介しておきますので、参考にされてくださいね。

スポンサードリンク

災害対策で乳幼児が居るならこんな備えをしておきたい

災害対策とはいえ、いろんな災害があり地震や台風、それらに伴う津波など、対策にはいろんな角度から見てしまうと「あれもこれも」となってしまい、結局大きな荷物になってしまいます。

ですが、出来る限りは少ない荷物でないと逃げるにしても荷物のおかげで、足が遅くなっては仕方がありません。

ですので、災害対策として特に乳幼児用としていくつか紹介しておこうと思います。

災害対策用の乳幼児用として備蓄しておきたいもの

自宅用に1週間分ぐらいと、非常持ち出し袋などに入れる用に2日分程度を、目安にしてください。

・紙おむつ
災害時は水道が使えなくなることを想定すると、洗濯の必要のない紙おむつを用意しておくとベストですね。

・粉ミルク、水
粉ミルクと水があれば、ミルクは作れますが電気が通っていない場合は温める事ができませんので、カセットコンロと予備のコンロも準備しておくといいですね。

また、マンションなどによっては、電気が止まると水も止まるという状況もありえるようなので、水の常備も心がけておくと助かりますよ。

・離乳食
離乳食の場合は、ビンものは消費期限が短い印象もありますし、たくさん用意すると重量も重くなりますので、持ち出しに向きません。

ですので、フリーズタイプのものを用意するとよいでしょう。

また、離乳食などはスグに支給物資が届かない事も多いので、できれば多めに用意しておいてくださいね。

遠方の身内などからの支給物資であっても、輸送手段が止まってしまえば手元に届きにくくなりますからね。

・おしりふき
おしりふきは、ガーゼやハンカチなどでも代用できます。
少しぐらい量があっても重さもそれほどでもありませんし、ケガをした時など何かと使えます。

・肌着
大人と違い、不快感を我慢するのは難しいでしょうから、肌着も準備してあげるといいと思うのですが、荷物がかさばることになりますので圧縮袋を利用すると多少はマシになります。

・哺乳瓶、スプーン

・健康保険証(乳児医療証)のコピー

と、いう具合でしょうか。

あとは、万が一離れ離れになってしまった時のことを考えて、家族の血液型や連絡先などを書いたメモを準備しておくといいですね。

そして、乳幼児がいる場合ですと必須とも言えるのが「おんぶ紐」でしょうか。
お子さんを連れて非難する場合、荷物を持っての移動になったりといった事もありますので、赤ちゃんをしっかりと抱きとめておける「おんぶ紐」の準備も忘れずにしておくといいですね。

こうして準備した、災害対策用のものは、定期的(1ヶ月に1回程度)でも、見直しをするようにしてくださいね。

特に、消費期限のあるものや、痛みやすいものなどは見直しの際にチェックして、新しくする必要があれば交換しておくようにしましょう。

ここでは、乳幼児用として紹介していますので、大人用となるとまた荷物の中身も変わってきますので「これだけあれば」という事ではありませんので、ご理解ください。

災害時に乳幼児を連れて非難するのに、非常持ち出し袋は何がいい?

災害対策グッズにおいて、非常持ち出し袋といえば「リュック」が定番となりますね。
「両手が空いているから、何かの時に対応しやすい」という理由になります。

確かにそうなのですが、乳幼児がいる場合は、そういうわけにもいきません。
赤ちゃんをおんぶしますので、リュックが返って邪魔になることもあるでしょう。

そういった場合は、リュックにこだわらずに「マザーズバッグ」などで代用すれば問題ありません。

リュックじゃないといけないワケでもありませんからね。

仮に、一人ではなく二人だったとしたら、リュックを背負えても手を繋いだりすれば結局手は塞がってしまうので、リュックの目的が達成できてません。

だったら、少し大きめのマザーズバッグや、肩から斜め掛けできるようなバッグで代用してもいいと思います。

また、避難する際には、丈夫な靴も用意しておくといいですね。
災害時には、足場も悪くなっていますし、ガラス片や釘など通常では考えられない道の状態となっていると想定しおく方が無難です。

ですので、底が厚く丈夫な靴がいいですね。


スポンサードリンク

車があるのなら

もし、車がありそれが「ミニバン」だとすれば、災害時にも後ろのシートを倒せば寝床にもなりますし、着替えや授乳時にも役に立ちます。

ちょっとしたキャンプ仕様にしておけば、いろいろと役に立ちます。

その場合の災害対策として覚えておきたいのは「燃料は半分になったら補給する」という事。

こうすると普段は、経済的に辛いかもしれませんが万が一の時に、携帯の充電、ラジオやテレビからの情報収集もできます。

車が無いのであれば、テントなどを用意すればとりあえずは個室的な感覚で一時的な非難生活は可能になるでしょう。

まとめ

災害対策は「備えあれば憂いなし」ということわざどおりだと思います。

「災害になんかあわないよ」と思っていれば、被災すればすぐに困ってしまいますが、備えをしていれば、助かってさえいれば一応の応急的な処置に十分なりえます。

ですので、何もなければそれが一番なのですが、もしもの事を考えて全部ではなくても、少しずつでも準備し、習慣化しておくようにすれば、少しは気持ちも和らぎますよね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP