糖質制限ダイエットはどんなやり方なの?体験談も知りたいな

糖質制限ダイエットが注目を浴びる中、いろんな意見が飛び交っていて「どれが正しいやり方なの?」と困惑してしまい、チャレンジしようとしているものの躊躇してしまっているかもしれませんね。

まずは、糖質制限ダイエットとはどういったメカニズムになっていて、どういうやり方をすればいいのかを知る事から始めてみましょう。

私の体験談もお話させていただきますので、参考になれば幸いです。

また、ちょっとずるいかもしれない「ゆるい」やり方も紹介しておきますねw

スポンサードリンク

糖質制限ダイエットはどんなやり方なの?

糖質制限ダイエットは、どういうやり方をすればいいのか?
なぜ糖質を制限すると痩せることにつながるのか?

炭水化物や甘い物は太るという図式は、ダイエットに取り組んでいるなら当たり前のように認識していることだと思います。

では、糖質を摂取することで身体の中で何が起きているのかを知る必要がありますね。

糖質制限ダイエットとは?そのメカニズム

糖質を摂り過ぎることで太ってしまうポイントは、インスリンという物質になります。

まず、ご飯やパンなどの炭水化物や、ケーキなど甘い物から糖質が体内に入ると、ブドウ糖として吸収されます。

ブドウ糖が吸収された時に血糖値が上がります。

血糖値が上がると、すい臓からインスリンが分泌されます。
インスリンには、血糖値を下げる働きのほか、筋肉や肝臓にエネルギー源として糖質を蓄えますが、使いきれなかった糖質を脂肪に変えてしまうんですね。

これが、太る原因ともなり、インスリンが「肥満ホルモン」と言われる理由となります。

このことから、食事の際に糖質を多く含む炭水化物を摂れば摂るほど太りやすくなってしまいますし、糖質を制限すれば自然と痩せるようになっていくというわけです。

では、糖質制限のやり方になりますが、言葉でいうと「炭水化物の摂取量を抑える」ということになります。

人間は、エネルギー源がないと生きてはいけません。

そのエネルギー源として、もっとも早く、効率よくエネルギー源となってくれるのが糖質なんですね。

よく「疲れたときには甘い物を食べる」といいますが、これが理由なんですよ。

これだけだと「そんなに素晴らしいなら摂らないと」と思うかもしれませんが、実は人間の身体は良くできていて、糖質が足りなくなっても他の栄養素で補うようになっています。

糖質が足りなくなっても、不足を補ってくれるのが「脂質とタンパク質」ということになります。

ちなみに、脂質からエネルギーを作る際に脂質が分解されてできたものを、ケトン体といいます。聞いたことがあるかもしれませんね。

なんとなくわかってきましたか?

糖質を制限することで、痩せたいあなたがもっとも「いらない!」と思っている脂質をエネルギーに変えてしまおうというのが、糖質制限ダイエットになるんですね。

また、本来であれば人間が生きていく上で、必要とされる栄養素の中には糖質は含まれないのです。

これを必須栄養素というのですが、体内で生成されない栄養素は食事などで補うしかないので必要ですが、前記したように糖質は脂質とタンパク質が代用してくれるんですね。

ただ、いくら糖質が要らないからと言っても、これまで長い年月をかけて糖質を主なエネルギー源として生活してきているので、いきなり糖質を完全にカットしてしまうというのはどうかと考えます。

どんな行動も急な動作は、いろんなところに負担を掛けかねないので徐々に減らす方向へとシフトするやり方をおすすめします。

そして、糖質を制限した分はタンパク質を多めに取り脂質も摂るという形が理想ですね。
もちろん、糖質の分だと言って脂っこいものをガツガツ食べたのでは意味がありません。

目安ではありますが、糖質を抑えてタンパク質と脂質の割合は【8:2】がよいとされています。

タンパク質は、脂肪燃焼に必要な筋肉の維持に必要ですのでしっかりと摂るようにしましょう。

あとは、運動ですね。

運動する事で、代謝があがり脂肪燃焼の効率もあがるというのは、耳が痛いほど聞いていることだと思いますので、あまり触れない様にしておきますね(*´∀`)/

結論として「糖質ダイエットのやり方」

糖質を抑え、タンパク質が多めで脂質もちょっと摂る。
運動もきちんとする。

といった具合に進めてもらえれば、自然と痩せるようになっていきます。

糖質制限ダイエットの体験談

ここで、糖質制限ダイエットを体験した私の体験談を少しご紹介しておきます。

実は、私は痩せたいと思ったことないんですね。

「何言ってんの?」となるかもなんですが、糖質制限ダイエットって、糖質制限をすることで、脂質を分解してエネルギーとするのは先ほどお話しましたが、「じゃ、それほど脂肪のない自分がやるとどうなる?」といった事が気になりまして。

糖質制限ダイエットの場合、脂肪が多いほど糖質の制限は大きくできそうですし、痩せているより効果ありそうじゃないですか?

なら逆に、それほど脂肪が多くない状態で糖質制限ダイエットをやったらどうなるかってことも知っておくといいかもって。

で、チャレンジしてみた結果は、5日間で-2.5㎏の減量になりました。

正直焦りましたよ。
これだけ、落とせる脂肪があったのかと。

私の予想では内臓脂肪ってやつでしょうけどね。

でも、糖質制限を始めて2~3日は辛かったです。
私、お米が大好きでして、おかずがなくてもお米があれば大丈夫な人なんですよね。

ですので「お米の量を抑えてください」って言われた時「えっ、マジで…」ってなりましたから。

私がやったのは、パーソナルトレーナーがついてくれるオンラインダイエットで、食事の管理を毎日してくれて、ちゃんと毎日メールでサポートしてくれるというのが気に入ってお世話になったんです。

初日は、今の私の食事がどれほどのものなのかを把握するために、ほんとはこういうことするのは相手に失礼なんですが、いつも通りの食事メニューを報告しました。

そしたら、怒り心頭で怒鳴られ…ませんでした。
きちんと、「説明した通りにしてくださいね」ってメールで。

なので、反省しつつ指示された通りに炭水化物を抑えた食事メニューに切り替えて、毎日のトレーニングをこなしていました。

また、このトレーニングが簡単な動作なのに結構キツイんですよ。
でも、ちょっと頑張ってみようと思ってたので、しっかり動画をみながらトレーニングしてました。

筋肉痛も、タンパク質をしっかり摂っていたこともあったのか、動けないぐらいに痛いということもなく、普段の生活になんら影響のないものでした。

オンラインダイエットジムって、マンツーマンでありながら個室で2人とかいった緊張しそうな状況ではないので、気楽に取り組めましたし、毎日の報告ですし不安や疑問があれば、メールでやりとりなんで、これも気楽に取り組める一因だったと思います。

私、あがり症なんでこういった環境だとやりやすいです。

といった感じで、毎日の取り組みで体重計に載ってもみるみる体重は落ちていったので、これまで体重を落とすといった認識のなかった私でも、楽しくできました。

>>パーソナルトレーナーのサポート受けながら自宅でダイエット

これについては、以前にも記事にしていますので参考にされてくださいね。

お金のかかる事ですし、今はまだ「糖質制限ダイエットってどういうやり方かな?」でしょうから、あくまで参考程度にサラッと読んでおいてもらえればと思います。


スポンサードリンク

糖質制限ダイエットはゆるいやり方だと効果ない?

糖質制限ダイエットは、ゆるいやり方だと効果がないのかというと、そんな事もないでしょうと答えられると思います。

理由は簡単。

糖質をいつもよりも抑えればいいから。

私の場合でいうと、お茶碗山盛りのご飯を山盛りにしなければいいという事ですね。

もともと、糖質をエネルギー源としていた体質を、脂質とタンパク質からエネルギーを作る体質に変えていくという長い目でみれば、ゆるいやり方でもいいのではないかと思います。

あくまで、自己判断なので「痩せる」といった部分では短期間で効果は望めませんが、どうしても糖質を抑えないといけない状況でない限り、いきなり糖質をカットして体調不良となるよりも「糖質を抑えることに慣れる」という角度からみるとアリじゃないかと思うんですね。

例えばなんですが、私が挑戦したオンラインダイエットでも、有名なダイエットジムでも糖質制限ダイエットには期間が設定されていますよね。

もちろん、期間内に痩せさせるのが仕事ですので多少キツ目のメニューであっても仕方がないでしょう。

それが分かりやすいのが「某ジムをやめたらリバウンドが酷い」っての。

そりゃ、短期間にキツイ制限してて、止めた後は多少の気がゆるむものですし、リバウンドしても仕方ないでしょう?って思いますもん。

ただ、これは最初からそう思ったのではなく、私が糖質制限ダイエットをきちんとしたパーソナルトレーナーに、教えてもらいながら実践した後で気づいたことですからね。

まとめ

糖質制限とはどんなものなのか?やり方はどうすればいいのかは、ご理解いただけたでしょうか?

私の体験談も含め、あなたの何かのきっかけになればうれしいですね。

また、最初からゆるいやり方ではなく、一度はきっちりと糖質制限ダイエットというものをどんな形であれ、きちんとした人に教えてもらってからの方が失敗は少ないと思います。

理想のスタイルを目指して頑張りましょう!

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP