自転車保険の加入義務化が大阪でも始まります

自転車に乗る人にとっては「たかが自転車ごときにおおげさな」と思うかもしれませんが、もはやそんなのんきな事も言ってられない状況になってきました。

自転車が加害者となり、高額な賠償を命じる判決が増えてきており、保険なしでは到底払える金額ではなくなってきました。

スポンサードリンク

自転車保険の加入義務化が大阪でもはじまります。

これまでも、自転車の事故による死亡事故で加害者が、多額の賠償金を命ぜられるケースも増えてきましたね。

少し前までは、数千万円と聞くだけでも驚いていたのに、億という賠償金を命ずる判決も出てきました。

もう、こうなってくると普段の生活から賠償金を捻出することは不可能に近いので、保険なしでは考えられなくなってきています。

それでも、未だに「ながら運転」が無くならないのは、「飲酒運転」並の危険意識のなさな気もします。

スポンサードリンク

人の命がかかわる事なのに、「自分は大丈夫」なんて思ってしまうんでしょうね。

で、大阪府でも自転車保険の加入義務化となります。
2016年の7月1日から、施行されます。

でも、これって急すぎる気がするのは私だけでしょうか?

以前から、こういった動きはありましたし、各保険会社だけではなくたくさんの企業が自転車保険を提供しているのに、義務化というのであればもう少し猶予があってもよかったのではと思ってしまいます。

ま、大人の事情なのでしょうけども。

そういった事もあり、自転車保険の加入は義務づけるけども、加入していなくても罰則はない。

これが、ある意味での猶予ともとれますね。
もしかすると、1年後かわかりませんが、加入していないと罰則になる可能性もあります。

ですので、慌てて保険を選ぶよりもこの機会に、じっくり自転車保険を選んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

インドで気温51度を記録したそうな。史上最高らしいです。
ツタンカーメンの短剣は隕石から作られていた
免許を返納し運転経歴証明書をもらう。特典は?場所はどこ?
猛暑日となった三重県尾鷲市で熱中症に注意と呼びかけ
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
大きな声の出し方とコツは?仕組みはどうなってる?
noimage
日産GT‐Rがマイチェンでも魅せる匠の技「技術の日産ここにあり」
noimage
noimage
妊婦は蚊にさされやすいというからジカ熱が怖い 対策はどうすればいい?

Menu

HOME

TOP