あずきの日に続いて井村屋が記念日を登録しました

コンビニの肉まんやあんまんといえば、井村屋と思えるぐらいに知名度が高いですよね。

最近では、自社製や他社が参入してきていて、コンビニが違えば井村屋のあんまんじゃなかったってことになることもあり、井村屋のあんまん大好きな私にとってはお店選びに余念がありません。

その井村屋は、毎月1日を「あずきの日」として2007年に記念日登録をしています。
そして、今回は7月1日に夏の風物詩とも言える井村屋のもう一つの主力商品にちなんだ記念日が登録&認定されました。

スポンサードリンク

あずきの日に続いて井村屋が記念日を登録しました

井村屋は、あんまん・肉まんで知名度が高いのですが、もう一つ忘れてはならない商品があります。

それは。

「あずきバー」ですよね。

毎年、夏が来ると「花火」を連想するよりも「あずきバー」を連想する私にとっては、夏が来ると食べたくなる食べ物になっています。

あの、とてつもなく「カタイ」頑固なあずきバーのこだわりに惹かれていますw
ま、あずきが好きというのもおおいにありますが。

で、今回7月1日を「井村屋あずきバーの日」として日本記念日協会に登録しキャンペーンを各地で行うんですよ。

イベント開催場所となるのは、東京・大阪・名古屋の3都市で4会場で行われます。

◆渋谷パルコ公園通り広場では、11時~16時

◆東京日本橋 三重テラス会場では、11時30分~13時30分

◆ディアモール大阪 イベントスペースディーズスクエアでは、11時~16時

◆名古屋駅 ナナちゃんストリート会場では、11時~16時

以上の4会場で、あずきバーの無料配布があり、無くなり次第終了となっています。

うん。別に無料でなくてもいいんだけど、無料のほうがいっか。

でも、食べた事がある人ならわかると思うのですが、ほんとに硬いですから。

小さい頃、乳歯を何本か持って行かれているので、歯に自信がないのであれば、ちょっと柔らかくなってから、食べることをおすすめします。

あずきバーが、「嫌がらせかっ!」って思うほどに固いのは、井村屋さんが頑固なわけでもなく、決して嫌がらせでもないのですよ。

あずきバーは見た目、アイスですが、実際は「ゆであずき」を凍らせたものと考えてください。
なので、言ってみれば、あずき入りの氷をかじるようなものなので、あの堅さなんですね。

だからといっても、氷ほどでもないし噛み砕こうと思えば噛めます。

やわらかくなれば、甘さたっぷりのあずきを楽しめるのでかぶりついても舐めても美味しいのが、井村屋あずきバーの魅了ですよね。

ちなみに、日本では古くから毎月1日にあずきを食べる習慣があり、「あずきの日」を毎月1日に、暑さが本格化する7月1日に「井村屋あずきバーの日」として認定されています。

井村屋ってあずき屋さん?

井村屋はようかんからスタートしています。

本社は三重県津市。

1896年に、創業者が「作れそうな気がする」と、今だったら「なにをバカを言っている」と言われてしまいそうな発想で、ようかんを作り始めたのが井村屋の始まりです。

それが今でも続いているのだから、すごいですよね。

その後、あずきを使った様々な和菓子を生み出し、ヒットを生む中であんまんや肉まん、そして今回記念日に認定されたあずきバーも生み出され、1976年からアイス事業に取り組み現在までヒット商品として売れ続けているのにはわけがあったんですね。

他社は、あんを使う際にあんを仕入れますが、井村屋ではあずきを仕入れ、あんを自社で加工しています。そのためコストを抑えながらも品質のよいあずきを使うことができるんですね。

これは、以前から「あん」を中心に事業展開してきた井村屋の強みだと言えるでしょう。

井村屋は和菓子だけではなく「アンナミラーズ」などの外食産業にも進出しており、「えぇそうだったの?」と、和菓子屋さん、あんこ、といったこれまでのイメージをいい意味で覆す事業展開でこれからも期待させてくれる会社なんですよね。


スポンサードリンク

井村屋のあんまんがコンビニで買えなくなった?

井村屋の肉まんやあんまんを置いているコンビニが変わってきたこともあり、コンビニに置いてある肉まん・あんまんが全て井村屋というわけではないんです。

ですので、井村屋のあんまんがコンビニで買えなくなったのではなく、コンビニで買えるあんまんの種類(メーカー)が増えたので、そう感じてしまうということ。

大まかに分けると、サークルK・サンクス・ファミマは、井村屋。
ローソン・ミニストップは、自社。
セブンイレブンは山崎パンだったり中村屋。

といった具合に、それぞれのコンビニで扱っているメーカーが違うので、井村屋だけというわけではないのですね。

でも、一時期たまたまだったと思いたいのですが、あんまんを食べたくてコンビニに行ったら、あんまんが売り切れていました。

どうしても食べたかったし、なければ意地でも食べたくなりました。

なので、5軒ほどコンビニまわりましたが、結局その日は買えなくて最後のお店で「あんまんって人気ないから置かないの?」って聞いたら、店員さんは「…いや、そういうわけでもないと思うんですけどねぇ(A;´・ω・)」ってなってました。

最近では、いろんな商品が出ているのでシンプル過ぎるあんまんを、わざわざ選んで買う人も少ないのかな?と思った時がありました。

その日から、1週間ほどムキになってあんまん2つ買って帰ってましたが、ほどなくしてどこのコンビニに行ってもあんまんが置いてあったので、「たまたまやな。うん♪」と思って、食べたい時に食べる通常シフトに戻しましたw

まとめ

井村屋のあずきバーもあんまんも、ようかんもあずき好き、甘い物好きな私にとっては外せないメーカーさんなんですよね。

7月1日からの、井村屋あずきバーの日が世の中に浸透してくれることを祈りながら、明日はあずきバーを買いにいきます。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
ブリとカンパチとヒラマサの違いは?それぞれの特徴が知りたい
そら豆の茹で方はさやごと鍋に入れるの?食べ方は?皮のむき方は?
電力自由化は賃貸マンションに住んでいても個人契約できる?
ものづくりを仕事にすると、得られる楽しみと不安
noimage
リッツとオレオはなぜ生産中止になったのか?後継商品は?
大西卓哉さんが国際宇宙ステーション(ISS)から帰還です
バター不足は今年も続く その原因って何?
マツダ車にロータリーエンジン搭載車が復活しますね
自転車保険の加入義務化が大阪でも始まります
おみくじの由来や意味、有効期限があったりするのかな?

Menu

HOME

TOP