わきがが子供に遺伝したみたい 対策はどうしたらいい?

わきがが原因でこれまで辛い思いをしてきた経験があるなら、その思いを子供にも味あわせたくないと強く思いますよね。

わきがは、おおよそ5割の確率で遺伝すると言われていますので、どちらかまたは両方の親御さんがワキガだったとしたら、遺伝の可能性は高いと言えます。

でも、親として何とかしてあげたいですよね。
自分と同じ辛い思いをさせたくないはずです。

あなたの願いとは裏腹に、遺伝しまったわきが。
手術も有効かもしれませんが、それ以外の方法はないのかというあなたに参考にしてほしいです。

スポンサードリンク

わきがが子供に遺伝したけど辛い思いはさせたくない

わきがが、子供に遺伝してしまい。洗濯中の服からあの強烈なにおいがしてきたら愕然としてしまいますよね。

ましてや、本人が自分がわきがだという事に気づいてしまったらショックでしょう…。

気休めにはならないかもですが、欧米では4人に一人がワキガであるのに対し、日本では10人に1人がわきがだと言われています。

また、日本人は見た目にもそうですが、臭いに対しても非常に敏感なんですね。

それだけ敏感であるのにもかかわらず、本人が「正直に答えて」といってもなかなか本当の事を言ってくれないものです。

その結果、周りのひそひそ話で「まさか私が…」なんて思いをし、最悪「くさい」と決して思いやりのある言葉ではなく、軽蔑にちかい物言いで言われる事もしばしばあります。

私の場合は、体育の授業のあと、背後に気配を感じ振り返った瞬間に脇から顔を離す友人がいたり、自分といるとしきりにワキのニオイを確認する人が増えたところで、自分がワキガだということに気がつきました。

こうなると、臭いが気になり人と接するのが怖くなりますよね。
自然と引きこもりがちになります。

あなたも、もしかしたら同じような経験をされているかもしれません。
ですが、遺伝というのはあなたが意識してどうにかなるものではありません。

ですので、あなたが子供さんにしてあげられることは「ケア」です。
もちろんワキガに対してもそうですが、心に対してもですよ。

心のケアとしては、子供さんの性格もありますので「こうすればいい」という事をはっきり言えませんが、まずはわきがを治すところからはじめれば、徐々に心も安らいでくるのではと思います。

わきがの子供に良い対策はない?

わきがになってしまった子供さんへの良い対策としては、手術と考えてしまいがちですが確実に治る保証はなく、高額な医療費がかかる割にはある意味では「賭け」にも近いものがあります。

また、これまでにも、多くのワキガ対策用品が販売されています。

ですが、そのほとんどが「大人」を対象としたものが多いのが現状だと思っています。

大人を対象にすれば多少刺激の強いものであっても、問題はないかもしれませんが、大人でも皮膚の弱い人がいますが、子どもとなればなお皮膚は敏感だと思った方がよいでしょう。

小さいお子さんもそうですが、成長期の子供さんであればその成長期で大人に変わる前のカラダに影響は出て欲しくないものですよね。

そういった不安を持っている方達に向けて、商品開発されたのが「ラポマイン
」です。

ラポマインは、人のカラダに影響が少ないように作られ、副作用の心配が少ないもので「医薬武技品」の許可を受けていて、日本の工場のみで制作されているため、日本人の肌にあった商品を作られる環境なんですね。

天然成分で開発されたラポマインは、赤ちゃんの肌に使えるぐらいの商品ですので、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

Lapomine

ワキガの子供は手術した方がよい?

ワキガの子供に手術をしてもいいのかは、個人の判断によるところが多いです。

これは、手術をしても確実に治るのかどうかが不透明だからです。

また、小さな傷口だから目立たないと言われていても、わきがが再発してしまえば再手術という事になり繰り返せば、いくら小さな傷でも目立つようになってきます。

年頃の子供に、そんな傷は追わせたくないですよね。
女の子なら尚更だと思います。

手術には、いくつかの方法がありますが私が手術した時は、全身麻酔ではなく部分麻酔でしたが、かなり痛かったです…。

その割には、どこまでわきがのニオイが軽減されているのかもわからず不安になりましたが、ラポマインを使う事で今ではほとんど気にすることがなくなりました。

人前で、大きく背伸びをできるという事が、こんなに気持ちのいいものかと思ったものです。

まとめ

わきがというのは、子どもでも大人でもすごく気を使う問題だと感じています。

時には心無い言葉に傷き、お互いに引きこもってしまうような状況にはなって欲しくないです。

ですので、一日でも早く不安を取り除いてあげてお互いに笑顔で話あえる環境を作り出してあげてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

Menu

HOME

TOP