何でも炭酸にできる魔法の道具があるらしいと最近知った

最近まで、炭酸水さえ飲んだ事がなくちょうどそんな話をしていた時に「何でも炭酸にできる奴知ってる?」と聞かれました。

当然、炭酸水を知らず炭酸もめったに飲まない私がしるはずもなく…。

で、いろいろと話を聞いてい見ると以前流行っていたというもので、話を振った本人が名前を知らなかったので、私の「好奇心」に火がついたというわけです。

牛乳や味噌汁でさえも炭酸に替えてしまうスゴイ奴ってのは一体どんな奴なんでしょうか?

スポンサードリンク

何でも炭酸にできる魔法の道具

そもそも、炭酸と言えば、コーラとファンタがメインだった私の脳内では、自分で炭酸を作るなんて想像も出来る事ではなかったんですよねw

まして、最近になりようやく「炭酸水」を知り、その上に美肌などにいいもんなんだって事も知ったぐらいです。

この話の元になった人は、コーラなどの炭酸飲料を飲むぐらいなら炭酸水を飲むという位の人で「甘くないしカロリーゼロだからいいんだ」といっておられました。

なるほど、ジム通いで筋トレをする人にとってはカロリー管理は重要ですからね。

で、この「何でも炭酸にできる」という個人的に想像を絶するものとは一体何なんだと調べたところ「ツイスパソーダ」だという事を知りました。

サイトを見ても、「自宅でオリジナル炭酸飲料を作ろう」と書いてありますね^^

「ほぉ~」と思いつつ、サイトを見ていたら面白そうな動画を発見!

味噌汁やおしるこまで炭酸にしてしまい、最後はそうめんつゆを炭酸にしていましたw

「何でも炭酸にできる」は、間違ってなかったようです。
これだと、牛乳でもヨーグルトとかも大丈夫そうですし、100%果汁のフルーツジュースなんかも試してみたくなりますよね。

ツイスパソーダ

ツイスパソーダを見ているうちに覚えた事がもう一つありまして、「水だけでなくいろんな飲料を炭酸にできるのはツイスパソーダのみだということで、人気が出ていたんですね。

そりゃ、炭酸水にさほど興味のない私でも「あれもこれも炭酸にできるの?」と好奇心旺盛な方であれば、気になるはずですもの。

値段的にも、もう一つの炭酸を作る「ソーダストリーム」ってのと比べると全然安いですし、電気を使わないので外でも使えたりとお手軽感も魅了の一つになりますよね。

ツイスパソーダは、炭酸をカートリッジの交換で使い続けることができますので、本体は壊れない限り一度買えばいいでしょうし、カートリッジもまとめて購入できるので割安になりますよね。

ただ、現在は50本入りと100本入りの販売が終了となっていますので、アマゾンなどの通販で流通しているのは、在庫ということでしょうね。

ですので、この在庫が無くなれば10本入りのみとなります。
こういった場合「類似品」が出てくるのは世の常なのですが、可能な限りいや出来るだけ…メーカーしていの物を使うようにしてください。

炭酸ガスが封入されていますので、万が一の事を考えると粗悪品などを買ってしまった場合、「炭酸ヒャッホー」って言ってられなくなりますからね。

それに、こういった事故がおきても保証はしてくれませんのでご理解ください。


スポンサードリンク

美味しい炭酸飲料の作り方

ツイスパソーダで、炭酸飲料を作る時には冷やしておくと炭酸が良く溶けるので、美味しい炭酸飲料を飲みたいのなら「よく冷やす」という事を忘れずに。

できれば、ツイスパソーダの容器も冷やしておくといいですね。

まとめ

「何でも炭酸にできる奴」の正体がわかって安心しましたw
その名はツイスパソーダです!

いろんな飲料を炭酸に替えられるのはツイスパソーダだけなので、覚えておきましょう。

電気要らずで外でも、炭酸飲料が作れるのでキャンプやBBQの際にも利用できますので、外で楽しむ機会も増えそうです♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す





*

関連記事

おみくじの由来や意味、有効期限があったりするのかな?
VRレンズ付きケース(スマホ用)を買って使って見た感想
abematvとはなんぞ?無料でアニメ専門チャンネルが開設されるみたい
バター不足は今年も続く その原因って何?
noimage
2016年あけましておめでとうございます
noimage
noimage
noimage
梅雨の時期や意味を知って頭はすっきりしても除湿は出来てません。
noimage
あずきの日に続いて井村屋が記念日を登録しました
リッツが8月で製造が終了するんだって(泣)&謝罪文
Bリーグ発足でどうなるバスケ人口?バスケットマンは増えるのか?
ペンケースは中学生女子・男子にどれがおすすめ?

Menu

HOME

TOP